人間ドック・健診

おすすめのオプション

生活習慣・家族歴によるおすすめオプション

生活習慣
生活習慣
喫煙、肥満、多量飲酒などがある方は、がんや動脈硬化の疾患(心筋梗塞・脳梗塞)のリスクが高くなります。
動脈硬化が気になる方

●運動不足  ●肥満  ●暴飲暴食   ●家族が心筋梗塞、脳梗塞 
●塩分を好む ●高血圧 ●野菜不足   ●脂質異常 
●喫煙    ●高血糖 ●不規則な生活 ●高尿酸

おすすめオプション 血液検査

+
①血圧・脈波検査¥3,000
【ABI(上下肢血圧比)・PWV(動脈波伝播速度)】
両手、両足の4箇所の血圧と脈波を同時に測定します。
ABIとPWVをもちいて、血管年齢を推定します。
あなたの「血管年齢」はどのくらいですか?

血液検査 ②sd-LDL(超悪玉)コレステロール検査…¥5,000→¥3,500
健康な人と比べて冠動脈疾患(狭心症や心筋梗塞など)の人では超悪玉(sd-LDLコレステロール)が多いことがわかっています。
つまり悪玉(LDLコレステロール)のうち、超悪玉をどれだけ多く持っているかが重要になります。

人数 ③頸動脈エコー検査¥5,000
頸動脈の壁や内腔の状態から動脈硬化を診断します。
頸動脈の内中膜壁厚(IMT)の計測やプラーク(隆起性病変)の有無を観察します。
頸動脈での動脈硬化の評価は全身の動脈硬化の指標となります。

血液検査人数 ④sd-LDL(超悪玉)コレステロール検査+頸動脈エコー検査¥8,000

血液検査 ⑤インスリン検査¥2,000
【インスリン・インスリン抵抗指数】
+
血液検査 LOX-index(ロックスインデックス)…¥10,000
動脈硬化の進行から将来の脳梗塞、心筋梗塞の発症までを予測できる新しい血液検査です。

●ロックスインデックス(LOX-index)とは
動脈硬化は自覚症状がないまま進行し、ある日突然脳梗塞・心筋梗塞を発症してしまう怖い病気です。
ロックスインデックスは、血液中の酸化変性LDLとsLOX-1を検査することで将来の脳梗塞・心筋梗塞の発症リスクを評価する血液検査です。検査結果で、脳梗塞・心筋梗塞のリスクがあれば予防対策を取って、早い段階からリスク回避していただけます。

●LOX-indexは以下のような方におすすめします!
・40歳以上で脳梗塞・心筋梗塞が心配な方
・高血圧・脂質異常症、糖尿病にかかっており、動脈硬化が気になる方
・ご家族・ご親戚で脳梗塞・心筋梗塞を患った方がいるという方

おすすめオプション 画像検査

+
放射線 頭部CT検査¥13,000
脳腫瘍や脳梗塞の診断ができます。
ただし、突然死の原因といわれている、クモ膜下出血を引き起こす脳動脈瘤の有無を調べる「脳ドック」とは異なりますのでご了承ください。
+
頭部・MRI・MRA検査¥27,000
+
人数 心臓エコー検査¥8,000
超音波を使用し、心臓の形や大きさ、動きを検査します。
心臓の壁運動や血行動態など非観血的に心機能を評価します。
+
放射線 内臓脂肪率検査¥3,000
体脂肪率の上昇は、生活習慣病発症の重要な指針となります。
CT検査装置を使用し、おへその位置の内臓脂肪と皮下脂肪を測定します。
内臓脂肪型肥満がわかります。


家族歴
家族歴
ご両親・祖父母ががん・脳卒中・心筋梗塞に罹患したかたは、ご自身にも高リスクとなります。
がんが気になる方

●喫煙 ●家族ががんに罹患 ●ストレスが多い ●飲酒

おすすめオプション 血液検査

+
みぞおちが痛い、食欲がない、胸やけがするなどの症状がある方
血液検査 ①胃がんリスク検査【ピロリ菌抗体・ペプシノゲン検査】¥5,000
血液検査 ②抗ヘリコバクタigG抗体(ピロリ菌)検査¥3,000
   ※検査方法が変更になりました。①②ともに結果は後日報告となります。
人数 ③胃透視→胃カメラへの振り替え¥6,000
   ・健康保険組合によっては¥5,000でお受けいただけます。
放射線 ④胃透視(バリウム)検査¥10,000
人数 ⑤胃カメラ検査(経口/経鼻)¥16,000
+
AminoIndex Cancer Screening=AICS®
血液中のアミノ酸濃度を測定し、健康な人とがんである人のアミノ酸濃度のバランスの違いを統計的に解析することで、がんであるリスク(可能性)を予測する検査です。
採血時間に制限があるため、11:00コース以降の方は10:30にお越しいただきます。

血液検査 ①AICS®(がんリスクスクリーニング)検査¥20,000
- 男性(5種)【胃がん・肺がん・大腸がん・前立腺がん・膵臓がん】
- 女性(6種)【胃がん・肺がん・大腸がん・乳がん・子宮/卵巣がん・膵臓がん】
子宮頸がん・子宮体がん・卵巣がんのそれぞれのリスクについては判定できません


血液検査 ②AIRS®検査¥25,000
アミノインデックス®がんリスクスクリーニング(AICS®)

アミノインデックス®生活習慣リスクスクリーニング(AILS®)
+
血液検査
  1. 基本(CEA・CA19-9)………………¥2,000
  2. 肺(CYFRA・ProGRP)………………¥4,500
  3. 膵臓(Span-1・エラスターゼ1)…¥4,000
  4. 肝臓(AFP・PIVKA-II)……………¥4,000
  5. 前立腺(PSA)………………………¥2,000
  6. 婦人セット(STN-CA125)…………¥4,000
  7. 婦人セット(HE4-CA125)…………¥5,000
  8. 婦人(CA125単体)…………………¥2,000

おすすめオプション 画像検査

+
放射線 ①胸部ヘリカルCT検査¥13,000
最新のヘリカルCT装置により、胸部の全領域を7mm暑さの横断画像(体の輪切りにした像)で表し、肺がんなどの異常を早期に発見することができます。

放射線血液検査 ②腫瘍マーカ肺+胸部ヘリカルCT検査¥15,000 
【CYFRA・ProGRP・胸部ヘリカルCT】

肺_CT検査
+
血液検査 ①甲状腺機能血液検査(基本)¥3,000
【freeT4・TSH】
血液検査 ②甲状腺機能血液検査(精密)¥6,000
【①+TSHレセプター抗体+サイログロブリン】
血液検査 ③甲状腺エコー検査¥4,000
血液検査 ④甲状腺エコー検査+甲状腺機能血液検査(精密)¥9,000
+
5臓【胆のう・肝臓・腎臓・膵臓・脾臓】+腹部大動脈¥5,000
全身倦怠、体重減少、腹痛などの症状のある方、アルコールをよく飲む方におすすめします。
人には聞こえない高い周波数の音(超音波)を体にあてて、腹部の臓器の大きさや形、石や腫瘤の有無等を検査します。
※消化管ガスや皮下脂肪の多い方は、膵臓など観察できないこともあります。
+
放射線 腹部CT検査¥13,000
最新のヘリカルCT装置により、1回の呼吸停止で上腹部の全領域を横断画像(体を輪切りにした像)で表し、各臓器を詳細に観察することで小さな異常も発見することができます。
※腹部エコー検査にて膵臓などが観察しにくい場合でも、腹部CT検査で詳細に観察することができます。
+
乳がんが気になる方や乳房の検査を受診したことがない方は、マンモグラフィ検査・エコー検査の両方で検査されることをおすすめします。

放射線 ①マンモグラフィ検査【2方向】¥5,000
②乳腺エコー検査¥5,000
人の耳に聞こえない高い周波数の音(エコー)を使用し、乳腺症や乳がんの有無等乳腺の状態を検査します。
身体には、害もなく痛みもありません。乳腺組織が発達している40歳未満の方に有効な検査です。
+
①子宮頸部細胞診¥3,000
【内診・経腟エコー検査含む】
婦人科医による内診とエコーで子宮や卵巣を調べる検査と子宮頸部の細胞を採取し子宮頸がん(子宮の入口にできるがん)の有無を検査する子宮頸部細胞診との組み合わせです。
②子宮体部細胞診¥8,000
【①+子宮体部細胞診】
婦人科検査と子宮体部の細胞を採取し子宮体がん(子宮の内部にできるがん)の有無を調べる子宮体細胞診との組み合わせです。
③ヒトパピローマ(HPV)検査¥5,000
【①+HPV検査】
子宮頸部にいぼをつくるヒトパピローマウイルス感染の有無を調べます。
④クラミジア検査¥6,000
【①+クラミジア検査】
性器クラミジア感染の有無を調べます。放置すると不妊の原因になったりHIVやHPVなど、ほかの感染症にかかりやすくなると言われています。
血液検査 ⑤婦人ホルモン検査¥8,000
【①+FSH・LH・E2】
血液検査 ⑥抗ミュラー管ホルモン検査¥9,000
【①+AMH】
卵巣の予備能力を調べる検査です。
 
 

年齢・性別によるおすすめオプション

年齢
年齢とともにがんと生活習慣病のリスクは上がります。
40歳を過ぎたら、これからのリスクを意識してください。
50歳からは緑内障も要チェック。

性別
男性は前立腺がん、女性は乳がんや子宮頸がん、閉経後は骨粗鬆症も要チェック。


男性


40歳~
・sd-LDL検査
45歳~
・腫瘍マーカー前立腺
50歳~
・骨粗鬆症検査
・LOX-index検査(動脈硬化が気になる方)

女性


30歳~
・子宮頸がん検査
・乳腺エコー検査
40歳~
・マンモグラフィー検査
sd-LDL検査
50歳~
・骨粗鬆症検査
・LOX-index検査(動脈硬化が気になる方)