072-224-1717

健診時間 9:00~17:00(日曜・祝日除く)
※月により日曜ドックも行っております

予約

Checkup

人間ドック・健診

人間ドック・健診

検査の解説

各検査項目のリストとなります。お知りになりたい項目を選択しご確認ください。

身体計測・血圧測定
標準体重 BMIが22となる体重をその身長の標準体重と
します。
算出方法 標準体重=(身長 m)×22
肥満度 身長・標準体重・体重より計算します。
BMI
(Body Mass Index)
算出方法 BMI=体重 Kg/(身長 m)2
成人の理想値は22で、25以上は肥満です。
体脂肪率 体内に占める脂肪の割合を示します。
肥満が無くても体脂肪率が高値の人は
内臓脂肪型肥満が疑われます。
筋肉率 体内に占める筋肉の割合を示します。
筋肉率が高いとエネルギー消費が多くなります。
腹囲 
※おへその高さで水平に計測します
内臓脂肪の蓄積の目安となります。
男性≧85cm
女性≧90cm
の時、内臓脂肪面積(腹部CT画像)の男女とも
≧10000mm2に
相当します。
血圧
※1度の測定で判断することは
困難です。
日頃からご自身で血圧を測定することをお勧めします。
  収縮期血圧(mmHg)   拡張期血圧(mmHg)
正常血圧 < 130 かつ < 85
正常高値血圧 130 ~ 139 または 85 ~ 89
軽症
高血圧
140 ~ 159 または 90 ~ 99
中程度
高血圧
160 ~ 179 または 100 ~ 109
重症
高血圧
180 ≧ または 110 ≧

※肥満・高血圧は虚血性心疾患や
脳血管障害など動脈硬化性疾患の原因と
なります。

聴力検査
選別 『きこえ』が日常生活において支障が
あるかないかを調べます。
会話領域を代表する
1000Hzの30dBと、
高音域の難聴が現れやすい
4000Hzの
40dBの音が聞こえるかを調べます。
閾値 各周波数の音がどのくらい小さな音まで聞こえるかを測定します。
年齢とともに高音域の難聴が
現れます。
測定周波数:250Hz・500Hz・1000Hz・
2000Hz・4000Hz・8000Hz

※聴力は、激しい騒音内での生活で、
低下する場合があります。
又、一部の脳腫瘍などでも片側性に
低下する場合があります。
急な聴力低下は、精密検査が必要です。

視力検査・眼圧検査・眼底検査・視野検査
視力 遠くを見る視力です。
基準値は1.0以上です。
眼圧 角膜に空気を噴射し、眼の中の房水の
圧力を測定し、緑内障などを発見する
スクリーニング検査です。緑内障とは
何らかの原因で眼圧が上昇し視神経が
圧迫され、
視力低下や視野狭窄が
出現する病気です。
眼底 眼底から血管、視神経、透光体を直接
観察します。白内障や緑内障、
加齢黄斑変性の有無、高血圧や
動脈硬化の変化をⅠ、Ⅱ、Ⅲで
判定します。
視野 視野欠損の有無をみる検査です。
正常眼圧緑内障を、
その症状の一つである視野異常から
捉えます。
生化学検査
総蛋白 血液中の蛋白量です。栄養障害、
肝機能障害や腎機能障害で
低値を示します。
アルブミン アルブミンは総蛋白の60~70%を
占めます。肝機能障害や
腎機能障害で低値を示します。
A/G比 アルブミンとグロブリンの
比率です。肝機能障害や
膠原病などで低値を示します。
総ビリルビン 黄疸の原因物質で、体質性黄疸や
肝機能障害、胆汁うっ滞などで
高値を示します。
AST (GOT)
ALT (GPT)
どちらも肝臓の細胞が
壊れるときに出る酵素で、
肝機能障害(肝炎、肝硬変、
アルコール性肝障害、脂肪肝)で上昇します。
AST<ALT 慢性肝機能障害
AST>ALT 急性の肝機能障害と判断されます。
またASTは心筋障害
(心筋梗塞など)で
上昇します。
γ-GT 
(γ-GTP)
肝機能障害
(特にアルコール性肝障害)や
胆汁うっ滞などで上昇します。
ALP 肝機能障害、胆汁うっ滞などで
上昇します。
骨疾患や
甲状腺機能亢進症でも
上昇することがあります。
LD 
(LDH)
肝臓・心筋・骨格筋などの
障害や、血液疾患などで
高値を示します。
コリン
エステラーゼ
肝臓で合成される蛋白で
栄養障害や肝炎など肝臓の
タンパク質合成能が
低下すると
低値を示します。
脂質代謝とも関連しており、
肥満、高脂血症、脂肪肝など
脂質合成が
亢進していると
高値を示します。
血清
アミラーゼ
膵臓、唾液腺から分泌される
消化酵素のひとつです。
膵疾患や唾液腺炎、耳下腺炎で
高値を示し、
慢性膵炎、
膵癌などで低値を示します。
UN 
(尿素窒素)
クレアチニン
腎機能障害で高値を示します。
UN(尿素窒素)は、脱水、絶食、
蛋白質の過大摂取などでも
高値を示す場合があります。
クレアチニンは筋肉量が
多ければ少し高値になること
があります。
eGFR 腎臓の老廃物排泄を
測定することができ、
値が低いほど腎臓の働きが悪いと
わかります。
シスタチンC 年齢・筋肉量・性差の影響を
受けないためクレアチニンより
正確に腎機能を評価できます。
また軽度~中等度障害でも
上昇するため早期の腎機能障害の
診断に有用です。
尿酸 痛風、腎不全、脱水、プリン体の
過剰摂取で高値を示します。
高値が長期にわたって続くと、
結晶化して組織に沈着し、
痛風性関節炎や尿路結石を
ひきおこす
場合があります。
高値の原因は体質、ビールの
多飲、肉類の多量摂取などです。

コレステロール
動脈硬化の危険因子の
ひとつです。肥満や脂質の多い
食品の摂りすぎ、
体質などで
高値を示します。
コレステロールを
多く含む食品は卵やレバーなどの
内臓類などです。
総コレステロール=HDL+LDL+VLDL
HDL
コレステロール
善玉コレステロールといわれ、
動脈硬化を起こしにくくします。
肥満、運動不足、喫煙で低値を
示します。
LDL
コレステロール
悪玉コレステロールといわれ、
動脈硬化を引き起こします。
sd-LDL
コレステロール
超悪玉コレステロールといわれ、
通常のLDLコレステロールよりも
動脈硬化を起こしやすいです。
non-HDL
コレステロール
2018年度から特定検診の
詳細項目に含まれ
中性脂肪400以上600未満の方のみ
表示されます。
中性脂肪 動脈硬化の危険因子の一つです。
食事の摂取量が多い
(カロリーの摂りすぎ)、
アルコールの摂取、糖尿病や
甲状腺機能低下症などで高値を
示します。
血清鉄 鉄欠乏性の貧血、慢性出血などで低値を示します。
Ca
(カルシウム)
副甲状腺機能亢進症で高値を
示し、副甲状腺機能低下症、
腎不全、
ビタミンD欠乏で
低下を示します。
IP
(無機リン)
副甲状腺機能低下症、腎不全で
高値を示し、
副甲状腺機能亢進症、嘔吐、
下痢で低値を示します。
血球検査
白血球 風邪などの感染症や白血病で
増加します。
体質的にも、高値、低値を示す場合が
あります。
赤血球 脱水、喫煙で高値を示し、
貧血で低値を示します。
ヘモグロビン 赤血球の中に含まれ、体に酸素を
運ぶ物質です。少ない場合、
貧血などの原因に
なります。
ヘマトクリット 血液中の赤血球の占める
割合です。貧血で低値を、
脱水で高値を示します。
MCV
(平均赤血球容積)
MCH
(平均赤血球血色素量)
MCHC
(平均赤血球血色素濃度)
赤血球の一つ一つの大きさや、
ヘモグロビンの濃度を
計算したものです。
貧血の程度や種類をみるのに
使います。
血小板 紫斑病、肝硬変、白血病などで
低値を示します。
白血球分類 好塩基球 ある種の白血病で高値を
示します。
好酸球 アレルギー性疾患、寄生虫疾患
などで高値を示します。
好中球 炎症や細菌感染、白血病などで
高値を示します。
リンパ球 ウィルス感染、白血病で高値を
示します。
単球 結核、膠原病で高値を示します。
白血球分類
好塩基球 ある種の白血病で高値を
示します。
好酸球 アレルギー性疾患、寄生虫疾患
などで高値を示します。
好中球 炎症や細菌感染、白血病などで
高値を示します。
リンパ球 ウィルス感染、白血病で高値を
示します。
単球 結核、膠原病で高値を示します。
免疫検査
CRP 体内で炎症や組織壊死がある場合
高値を示します。
RF リウマチの場合高値を示します。
RPR、TP抗体 梅毒の検査です。(+)の場合でも、
現在心配ないことが多く、
正確な
診断は精密検査が必要です。
肝炎検査
HBs抗原 陽性の場合、B型肝炎ウィルスに
感染しています。肝炎ウィルスの
活動性を調べる為に
精密検査が
必要です。
肝がんは、ほとんどが
C型肝炎ウィルス、
またはB型肝炎ウィルスの持続感染者です。
HBs抗体 (+)の場合、
B型肝炎ウイルス感染の既往を示します。
(+)(-)共、身体に影響は
ありません。
HCV抗体 陽性の場合、
C型肝炎ウィルス感染既往があります。
肝炎ウィルスの活動性を調べる為に
精密検査が必要です。
肝がんは、ほとんどが
C型肝炎ウィルス、または
B型肝炎ウィルスの持続感染者です。
糖尿病検査
空腹時血糖
  空腹時血糖値(mg/dl)
正常 < 110
境界値 110 ~ 125
糖尿病 126 ≦
糖負荷検査(経口)
  空腹時血糖値
(mg/dl)
  120分値
(mg/dl)
正常 < 110 そして < 140
糖尿病
境界型
正常型にも糖尿病型にも属さない
糖尿病型 126 ≦ または 200 ≦
※60分値が200以上あれば糖尿病に発展しやすいと
いわれています。
HbA1c 過去 1 ~ 2 ヵ月の平均的な血糖レベルを反映します。
※当施設で採用している日本人間ドック学会の
基準値5.5%は予備軍を見つけるためで、
糖尿病診断に用いられる基準値は
6.2%となっています。
インスリン 血中のブドウ糖が体に取り入れられ、
利用される時に必要なホルモンです。
糖尿病や膵疾患などで低値を示します。
インスリン抵抗指数
(HOMA-R)
血液中のインスリン量が充分でも
インスリン抵抗性がある場合、高血糖になります。
※インスリン抵抗指数=
空腹時インスリン×空腹時血糖/405
 1.6以下の場合は正常です。
腫瘍マーカー
基本 CEA 主に大腸、、胃、膵臓など消化器癌のマーカーです。肺癌、乳癌でも高値を示すことがあります。
また、喫煙者で軽度の上昇を示す場合があり、疑陽性に注意が必要です。
CA19-9 膵臓、胆道系の癌、大腸癌、胃癌のマーカーです。
膵炎、胆管炎などの炎症でも高値を示すことがあります。
CYFRA 肺癌(主に扁平上皮癌)のマーカーです。
ProGRP 肺癌(小細胞癌)のマーカーです。
膵臓 Span-1 膵臓や胆道系の癌のマーカーです。
エラスターゼ-1 早期の膵癌、膵炎などで高値を示します。
肝臓 AFP 肝細胞癌で高値を示しますが、肝硬変、肝炎でも高値を示す場合があります。
PIVKA-II 肝細胞癌で高値を示します。肝硬変、慢性肝炎、黄疸、ビタミンKの活性阻害する薬剤
(ワーファリン)の服用で高値を示す場合があります。
前立腺 PSA 前立腺癌、前立腺肥大で高値を示します。
婦人 STN 主に卵巣癌のマーカーです。
CA125 主に卵巣癌、子宮体癌のマーカーです。妊娠初期や月経期で高値を示す場合があります。
腫瘍マーカー
基本
CEA 主に大腸、、胃、膵臓など消化器癌のマーカーです。肺癌、乳癌でも高値を示すことがあります。
また、喫煙者で軽度の上昇を示す場合があり、疑陽性に注意が必要です。
CA19-9 膵臓、胆道系の癌、大腸癌、胃癌のマーカーです。
膵炎、胆管炎などの炎症でも高値を示すことがあります。
CYFRA 肺癌(主に扁平上皮癌)のマーカーです。
ProGRP 肺癌(小細胞癌)のマーカーです。
膵臓
Span-1 膵臓や胆道系の癌のマーカーです。
エラスターゼ-1 早期の膵癌、膵炎などで高値を示します。
肝臓
AFP 肝細胞癌で高値を示しますが、肝硬変、肝炎でも高値を示す場合があります。
PIVKA-II 肝細胞癌で高値を示します。肝硬変、慢性肝炎、黄疸、ビタミンKの活性阻害する薬剤
(ワーファリン)の服用で高値を示す場合があります。
前立腺 PSA 前立腺癌、前立腺肥大で高値を示します。
婦人
STN 主に卵巣癌のマーカーです。
CA125 主に卵巣癌、子宮体癌のマーカーです。
妊娠初期や月経期で高値を示す場合が
あります。

※腫瘍マーカーは、各種の癌がある場合に
異常値を示すことがありますが、
必ず癌があるという訳ではありません。
異常値だった場合は、精密検査を
お受けになりご確認下さい。
尚、正常値の場合はおおむね癌の
心配はありませんが、
決して癌がないというものでは
ありませんのでご理解下さい。

       
便潜血検査
便中ヒトヘモグロビン 大腸癌、ポリープなど腫瘍からの出血で
陽性となります。
炎症性腸疾患で
陽性となることもあります。
尿検査
比重 主に体内の水分量を予測します。
脱水で比重は上昇します。
pH 通常、尿pHは弱酸性です。
動物性食品を多く摂ると酸性に
傾きやすくなります。
酸性で結石ができやすく、
アルカリ性で膀胱炎を起こしやすくなります。
(+)以上の場合、糖尿病の可能性があります。
蛋白 (+)以上の場合、腎炎の可能性があります。
ウロビリノーゲン 高値の場合、肝臓疾患の可能性があります。
潜血 (+)以上の場合、尿路系の腫瘍や結石、
腎炎の可能性があります。
白血球反応 (±)以上の場合、膀胱炎、腎盂腎炎などの
尿路感染症の可能性があります。
沈渣 赤血球・白血球
上皮細胞・円柱
尿を顕微鏡で観察し、尿中に漏れ出した血球成分や細胞の数、性状から尿路系疾患を見つけます。
膀胱癌や腎臓癌などの尿路系腫瘍や尿路感染、結石、腎炎、ネフローゼなどが
判明することがあります。
細菌 腎盂腎炎、膀胱炎など尿路感染症で出現します。
沈渣
赤血球・白血球上皮細胞・円柱 尿を顕微鏡で観察し、
尿中に漏れ出した血球成分や細胞の数、
性状から尿路系疾患を見つけます。
膀胱癌や腎臓癌などの尿路系腫瘍や尿路感染、
結石、腎炎、ネフローゼなどが
判明することがあります。
細菌 腎盂腎炎、膀胱炎など尿路感染症で出現します。
超音波検査
腹部エコー 肝臓・胆嚢・腎臓・膵臓・脾臓を超音波で観察し、
形態の変化や腫瘤性病変、隆起性病変、
結石等の有無を調べます。
心臓エコー 心臓の形態を超音波で観察し、
壁の厚さや動きの状態を数字で評価します。
また、各弁の状態や動き、血流を観察します。

※超音波(耳で聞こえないくらい高い
周波数の音)を使用します。
被曝や痛みはありません。

上部消化管検査
胃カメラ 食道・胃・十二指腸をスコープを用いて直視で観察し、
潰瘍やポリープ・がんなどの異常を調べます。
胃透視(バリウム) バリウムを服用して食道・胃・十二指腸を
X線を用いて観察し、
潰瘍や
ポリープ・がんなどを調べます。
胃がんリスク 抗ヘリコバクタピロリIgG抗体 抗体が陽性の場合、ピロリ菌が胃内に感染し、慢性胃炎、潰瘍、
癌などの原因になります。
抗生物質でピロリ菌を除菌すると癌や潰瘍の発生率を
低下させることができます。
ペプシノゲン 陽性の場合、ピロリ菌が胃に感染して胃粘膜に萎縮あると
考えられます。
萎縮が進むと胃癌が発生しやすくなります。
胃内視鏡検査を受けることをおすすめします。
便中ピロリ抗原 便を採取して、現在胃の中にピロリ菌が
生息しているかを
調べる検査です。
上部消化管検査
胃カメラ 食道・胃・十二指腸をスコープを用いて直視で観察し、
潰瘍やポリープ・がんなどの異常を調べます。
胃透視(バリウム) バリウムを服用して食道・胃・十二指腸をX線を用いて観察し、
潰瘍やポリープ・がんなどを調べます。
胃がんリスク
抗ヘリコバクタピロリIgG抗体 抗体が陽性の場合、ピロリ菌が胃内に感染し、
慢性胃炎、潰瘍、
癌などの原因に
なります。
抗生物質でピロリ菌を除菌すると
癌や潰瘍の発生率を
低下させることができます。
ペプシノゲン 陽性の場合、ピロリ菌が胃に感染して
胃粘膜に萎縮あると考えられます。
萎縮が進むと胃癌が
発生しやすくなります。
胃内視鏡検査を受けることを
おすすめします。
便中ピロリ抗原 便を採取して、現在胃の中にピロリ菌が生息しているかを調べる検査です。
胸部X線検査
心臓 心臓の大きさや大動脈の異常などを調べます。
X線を用いて肺のがん、炎症、結核などを調べます。
肺機能検査
肺活量 最大吸気位から最大呼気位までの空気量です。
正常値80%以上です。
努力性肺活量 最大吸気位から一気に速く呼出したときの肺活量です。
1秒量・1秒率 最初の1秒間に呼出される量とその割合です。
正常値70%以上です。

※肺活量や努力性肺活量の数値や
波形で肺の障害や気道の状態、
肺の弾力性を評価します。

心電図検査
安静時 心臓の電気的な動きを12種類の波形として記録し、心臓の状態や不整脈の有無や種類を評価します。
運動負荷 運動負荷を実施し、運動前後の心電図を比較します。運動による虚血性変化の有無を評価します。
子宮・卵巣検査
経膣エコー 子宮筋腫、ポリープの有無、子宮や卵巣の状態、
不正出血がわかります。
子宮細胞診 子宮頸部、子宮体部の細胞を観察し評価します。
婦人ホルモン 卵胞刺激ホルモン
黄体化ホルモン
卵胞ホルモン
卵巣機能を調べる検査です。
更年期に入る40歳代頃より卵巣機能は低下し始めます。
但し、個人差や月経周期での変動があります。
抗ミュラー管ホルモン 抗ミュラー管ホルモンは、発育過程にある卵胞から
分泌されるホルモンです。
卵巣予備能(卵巣の中に残っている卵子の数)の目安が
わかる検査です。
HPV(ヒトパピローマウイルス) 子宮頸部にいぼを作る(子宮頸がんの原因となる)
ヒトパピローマウイルス感染の有無を調べます。
クラミジア 性器クラミジア感染の有無を調べます。
乳房検査
マンモグラフィ 乳房をX線で撮影し、乳がんなどの有無を
調べる検査です。
乳腺エコー 乳房を超音波で観察し、乳腺症やしこりのような
腫瘤性病変の有無を調べます。
動脈硬化検査
レムナントLP-C(/TG) 脂質代謝異常を反映する動脈硬化の危険因子です。
血圧・脈波 ABI 四肢の血圧を同時に測定し、足と上腕の血圧の比を求めます。
動脈の狭窄や閉塞を評価します。
PWV 両手・両足の脈波(心臓から拍出された血液により生じた拍動)
の伝わる速さを測定し、血管年齢を評価します。
動脈が硬いほど脈波の伝わりがはやくなります。
PWVga1400cm/s以上になると、
脳・心臓血管系障害の発症リスクが高くなります。
頸動脈エコー 頸動脈を超音波で観察し、動脈硬化の程度や状態、
血流を評価します。
動脈硬化検査
レムナントLP-C(/TG) 脂質代謝異常を反映する動脈硬化の危険因子です。
血圧・脈波
ABI 四肢の血圧を同時に測定し、
足と上腕の血圧の比を求めます。
動脈の狭窄や閉塞を評価します
PWV 両手・両足の脈波(心臓から拍出された
血液により生じた拍動)の
伝わる速さを測定し、血管年齢を評価します。
動脈が硬いほど脈波の伝わりがはやくなります。
PWVga1400cm/s以上になると、
脳・心臓血管系障害の発症リスクが
高くなります。
頸動脈エコー 頸動脈を超音波で観察し、
動脈硬化の程度や状態、
血流を評価します。
貧血検査
フェリチン 細胞の内部に鉄分を貯蔵できる蛋白質です。
鉄欠乏性貧血の場合、低値を示します。
TIBC(総鉄結合能) 鉄が結合し得るトランスフェリンの総量を
TIBC(総鉄結合能)といいます。
鉄欠乏症貧血の場合、血清Feが低値で
総鉄結合能が高値を示します。
睡眠時無呼吸症候群検査
パルスオキシメトリー法
ODI 3%
パルスオキシメーターをもちいて、
無呼吸・低呼吸にともなう
血液中の酸素飽和度の変化をみます。
ODI3%とは、1時間当たりに酸素飽和度が
3%以上低下した回数です。
圧センサー法
RDI
圧センサーをもちいて、
無呼吸・低呼吸数を測定します。
RDIとは、1時間当たりの
無呼吸・低呼吸の回数です。
CT検査
頭部CT 頭蓋内の異常を調べる検査です。
出血、腫瘍、石灰化、古い脳梗塞などがわかります。
胸部ヘルカルCT 胸部を輪切りに撮影し、主に肺の異常を調べます。
特に早期の肺がんを発見するのに
有用な検査です。
肺・縦隔を中心として
甲状腺~肝臓までの異常がわかります。
内臓脂肪率 CTにて体脂肪の計測をします。
皮下脂肪、内臓脂肪がわかります。
腹部CT(上腹部) 横隔膜~大動脈分枝まで(骨盤腔を除く)の
腹部全般の異常を調べます。
大腸CT 大腸のスクリーニング検査です。
大腸がんなどの主に隆起した病変の検索ができます。
骨粗鬆症検査
骨密度 骨に含まれるミネラル(カルシウム他)の量です。
若年比率% 若い人の平均骨密度を100%としたときの比較です。
70%以下は精密検査が必要です。
同年比率% 同年代の人の平均骨密度を100%としたときの比較です。
骨密度は年齢とともに減ってきます。
甲状腺検査
甲状腺エコー甲状腺を超音波で観察し、
しこりや腫瘍・腫れがないかを評価します。
基本FreeT4甲状腺機能亢進、低下の分類ができます。
TSH
精密サイログログリン甲状腺腫瘍から分泌されるので腫瘍性病変への有無が
わかります。
TSHレセプター抗体バセドウ病や亜急性甲状腺などの鑑別ができます。
甲状腺検査
甲状腺エコー 甲状腺を超音波で観察し、
しこりや腫瘍・腫れがないかを評価します。
基本
FreeT4、TSH 甲状腺機能亢進、低下の分類ができます。
精密
サイログログリン 甲状腺腫瘍から分泌されるので
腫瘍性病変への有無がわかります。
TSHレセプター抗体 バセドウ病や亜急性甲状腺などの
鑑別ができます。
その他
頭頚部MRA・MRI磁気を利用して、脳腫瘍や動脈瘤、脳梗塞などの有無を
調べます。
PETがん検査(PET/CT)放射線を出す薬を注射することによって、
全身のがんを早い時期に発見できる検査です。
LOX-index
(ロックスインデックス)
将来の脳腫瘍・心筋梗塞になる可能性を評価する
検査です。
BNP
(ヒト脳性ナトリウム利尿ペプチド)
心臓から分泌されるホルモンで、
この数値が高いほど心臓に負荷がかかっていると
いえます。
MAST36(アレルギー)血液中のアレルギー原因物質(アレルゲン)36項目
について調べます。
MCG心臓の筋肉に血液を送っている冠動脈の狭窄の
リスクを調べます。
HIV(エイズ)エイズの原因ウイルスの感染の有無がわかります。
MCI
(経度認知症)リスクスクリーニング
認知症の前段階である軽度認知障害(MCI)
を早期に発見できる検査です。
AICS
(アミノインデックスがんリスク)
血液中のアミノ酸濃度のバランスから、
現在がんであるリスクを評価する検査です。
AIRS
(がんリスク+生活習慣病リスク)
血液中のアミノ酸濃度のバランスから、
4年以内の糖尿病発症リスクやアミノ酸不足を
評価する検査です。