072-224-1717

健診時間 9:00~17:00(日曜・祝日除く)
※月により日曜ドックも行っております

予約

Column

健康教室

運動継続のコツ

この検診は、動脈硬化を予防するための
ものです。悪い状態(病気)になる前の
“ちょい悪”状態で動脈硬化に
なりやすい人を見つけます。
そうすると、薬などの治療ではなく、
運動・食事といった生活習慣の改善で、
動脈硬化になる人を減らすことが
できるからです。

“細切れ・ながら・三日坊主”

生活習慣の改善では、運動と食事が
二つの大きな柱になります。
食事についてはこのコラムでもいくつかの
お話をしてきました。
今回は運動について、お話します。

健康のためにも、スタイルなどの
美容のためにも、運動が効果的なことは、
皆さんご存知だと思います。
それなのに、なぜ、運動を習慣に
できないのでしょうか?
2006年の政府の世論調査では、
1年間運動をしなかった理由の第一は、
「忙しかった。時間がなかった。」で、
男女とも約半分の人が、
これを理由にしています。
この理由を克服して、
運動を習慣にするためのキーワードは、
“細切れ・ながら・三日坊主”です。

以前は、運動の効果をあげるためには
10分あるいは20分以上運動を継続する
必要があるといわれていたのですが、
最近では、細切れの運動でも、
十分効果があることがわかってきました。
ですから、たとえばオフィスワークの合間に
気分転換を兼ねてストレッチをする、
家事の合間に、
ちょこちょこっとからだを
大きく動かして窓拭きをする。
ウォーキングでも、通勤の行き帰りに
少しずつ歩く、
お買い物に少し遠い
お店まで歩いて行く。
テレビを見ながらちょっと腹筋運動をする。
ちょっと体調の悪いときは無理をせずに
お休みして、調子よくなれば、
再びできるところから
すこしずつからだを
動かしていく。
これが、運動を続けていくコツです。

運動の目標は、一日の運動時間の合計が
30分、週休2日
でOKです。

これで高血圧の改善や体重減少に
少しずつですが、効果があると
いわれています。
慣れてくれば、できるときには、
この表を参考にして、
週23エクササイズ(メッツ・時)
目標にしてください。
運動は、食事を我慢するより、
簡単といわれています。
明日といわず、今からでも少しずつから
始めてみましょう。

1エクササイズに相当する活発な身体活動
厚生労働省:健康づくりのための運動指針 2006 より

健康教室TOPへ戻る