072-224-1717

健診時間 9:00~17:00(日曜・祝日除く)
※月により日曜ドックも行っております

予約

Column

健康教室

外食をうまくコントロールしながら
利用しましょう

最近はメニューの栄養成分表示をしている
飲食店が増えていますので、
外食を上手にコントロールしてみましょう。

一般的な外食の問題点

  1. 一般にカロリーが高い
  2. メニューにより、肉や魚、油の量が多い
  3. 主食(ごはん・めん)の量が多い
  4. 野菜が不足しやすい
  5. 濃い味付けが多く、
    塩分や砂糖の摂りすぎになる

1日に摂取すべきカロリーの
目安

身長(㎝) 標準体重(㎏) 1日のカロリーの目安(kcal)
150501,500
155531,600
160561,700
165601,800
170641,900
175672,000
180712,100
185752,200

外食7つの心得(コツ)

  1. 外食は1日1回を限度とする。
    カロリーだけでなく、
    栄養のバランスにも気を配りましょう。
  2. いろいろな食品が入っているものを
    選ぶようにする。
    定食物など出来るだけ品数の多い
    メニューを選びましょう。
  3. 食事は単純で料理法がわかるものを
    選ぶようにする。
    洋風、中華風のメニューは、
    たんぱく質、脂質などが多いので、
    注意しましょう。
  4. よく噛んで、ゆっくりと、
    食べ過ぎないようにする。
    早食いすると満腹中枢がお腹一杯の指令を
    出すまでに食べ過ぎてしまいます。
  5. 組み合わせを考えて、
    バランスのよい食べ方をする。
    『主食+主菜+副菜』がそろっている
    メニューを選ぶようにしましょう。
  6. 好きなメニューには気をつけましょう。
    必要な量だけ食べ、
    余分なものは残すようにしましょう。
  7. 決められた1日のカロリーの1/3を
    こえないようにしましょう。
    男性700kcal 女性600kcal位を目安に
    選びましょう。

外食が『害食』とならない自己管理を
めざしましょう!

詳しくはクリニックで健診の上、
ご相談下さい。

健康教室TOPへ戻る