072-224-1717

健診時間 9:00~17:00(日曜・祝日除く)
※月により日曜ドックも行っております

予約

Column

健康教室

果物の上手な摂り方

果物には、ビタミン、ミネラル、
食物繊維などの栄養素が豊富に含まれていて、
ヘルシーなイメージがありますが…

果物はいくら食べても大丈夫?

果物には、ビタミン、ミネラル、食物繊維
などの栄養素が豊富に含まれていて、
ヘルシーなイメージがありますが、
「果糖」という糖分も多く含まれています。
この「果糖」は体内に吸収されやすく、
摂り過ぎると中性脂肪や血糖値を上げたり、
肥満の原因にもつながります。
摂り過ぎには注意が必要です。  
「朝の果物は金」という言葉があるように、
果物は朝や日中に食べるのがベストです。
一日200gを目標に毎日の食生活に
上手に摂りましょう。

1日の適量はいったいどれくらい?

果物の1日の適量は、カロリーで示すと
80kcal程度になります。
では、具体的にはどれくらいの量に
なるのでしょうか?

1日の適量

  • 温州みかん 中2つ
  • バナナ 中1つ
  • りんご 中1/2個
  • ぶどう(巨峰・マスカット) 10~15粒
  • キウイ 小2個
  • 80Kcalはご飯茶碗 約1/2杯分です
  • なし 大1/2個
  • もも 大1個
  • グレープフルーツ 中3/4個
  • いちご 中15粒
  • 柿 中1個

この中から、1日1種類選んで食べる
ちょうど適量になります。
いろいろな果物を食べる時は、
それぞれ少しずつにして、
摂り過ぎにならないように
調節してくださいね。

健康教室TOPへ戻る