072-224-1717

健診時間 9:00~17:00(日曜・祝日除く)
※月により日曜ドックも行っております

予約

Column

健康教室

お菓子の上手な摂り方

あなたはどんなお菓子を選んでますか?
ティータイムを楽しく過ごすために、
お茶・お菓子は大切です。

お菓子のカロリーは
どれくらいあるの?

ケーキ・まんじゅう・せんべい・
スナック菓子…。
いろいろなお菓子がありますが、
それぞれどれくらいカロリーがあるか
ご存知でしょうか?
最近はパッケージにカロリーが
表示されているものも多いので、
食べる前にチェックしてみて下さいね。

  • ショートケーキ 1個(80g) 275kcal
  • シュークリーム 1個(60g) 188kcal
  • カステラ 1切(50g) 160kcal
  • ドーナツ 1個(50g) 188kcal
  • 板チョコ 1枚(50g) 279kcal
  • ご飯 茶碗小 軽く1杯(100g) 160kcal あなたはどんなお菓子を選んでますか?
  • どら焼き 1個(60g) 170kcal
  • みたらし団子 1本(60g) 118kcal
  • せんべい 大1枚(15g) 56kcal
  • ポテトチップス 1袋(90g) 499kcal

特に、洋菓子は糖質と脂肪が
一緒に入っており、口当たりがよく
食べ過ぎ、エネルギー過剰を引き起こす原因に
なります。洋菓子より和菓子の方が
若干エネルギーが抑えられます。

間食の上手な摂り方について

食べる量、時間を決めましょう!
「テレビを見ながら、知らない間に
スナック菓子を1袋食べてしまった。」
なんてことはないでしょうか?
「○○しながら…」では食べた実感が
得られにくく、無意識のうちに
つい食べ過ぎてしまうので要注意です。

◆食べ過ぎない工夫◆
  • 食べる時間、回数を決める。
  • サイズ、パッケージが小さいものを選ぶ。
  • 大きなサイズ、パッケージのものは
    あらかじめ別の容器に食べる分だけ移し、
    それ以上食べない。

間食に適した時間帯は?
食事から3時間以上経ったあとが、
一番適しています。
夕食後(特に寝る前)は体を動かすことが
少なくなるため、エネルギーの消費が難しくなり、
体内に脂肪として蓄積されやすくなります。
そのため、できるだけ夕食後は控え、
午前中や昼間に食べることをお勧めします。

間食の量は?
体重の増加や生活習慣病が気になる方は、
1日に必要なエネルギーの1割程度
(150~200kcal)を
目安にしましょう。

※ただし、食事療法のため医師より
お菓子を制限されている方は、
指示に従って下さい。

健康教室TOPへ戻る